ネット炎上 ! 火消し対応で頼れる業者とは

SORILa編集部

close up on man hand using tab pad on laptop to working about futuristic of social media marketing icon for internet network technology and business concept

ネットの炎上で、企業が受けるダメージは決して小さなものではありません。ネガティブな情報が拡散され、今後の事業に多大な影響をおよぼすおそれがあります。
ネット炎上して困っている、リスクを回避したいと考えているのなら、火消し業者のサービスも検討してみましょう。本記事では、火消し業者のサービス内容や選び方を解説します。

ネット炎上を火消しするサービスとは

ネット炎上の火消しサービスを提供している企業はたくさんあります。サービスの内容はさまざまですが、基本的には炎上を起こさないための予防対策の実施や、炎上したときの具体案提起・対応などが挙げられます。どのようなサービスがあるのか詳しく見ていきましょう。

リスク情報を監視する

ネット炎上の恐ろしいところは、知らないうちに大火事になっているという点です。そのため、SNSやWEB上に流れるリスク情報は、どんな些細なことであっても看過していいものではありません。専門業者は、炎上する可能性の高いキーワードを登録し、ネットに上がるリスク情報の監視を行います。

リスク情報の日常的な監視により、さまざまな炎上の火種を見つけ出すことができるうえ、企業の危機管理を強化できます。適切な対策を施している企業として、外部へのアピール効果も期待できるでしょう。

リスクを検知しアラート通知をする

個人のSNSやブログをはじめ、さまざまな人間が集う掲示板や、検索サイトの検索結果、自社サイトへの投稿など、ネットユーザーがいる場所には炎上の可能性が潜んでいます。

ネット炎上対策サービスのひとつに、リスクの検知とアラート通知があります。WEB上に新しく誹謗中傷が書き込まれた場合など、直ちにそれを検知・アラート通知をしてくれます。炎上防止に大切なのは対応の早さです。このサービスがあれば、迅速な初期対応が可能になります。

誹謗中傷サイトの上位表示を防ぐ

誹謗中傷の内容を含んだサイトや投稿が、検索上位に表示されてしまうと、多くのネットユーザーの目にとまり、またたく間に噂は広まります。閲覧するユーザーの母数が多くなれば、それだけ炎上する確率も高くなってしまうものです。

このような事態を回避するため、専門業者は逆SEOによる検索順位のダウンを狙います。逆SEOとは、自社サイトや新しく立ち上げたサイトなどにSEO対策をしっかり施すことで、誹謗中傷が書き込まれたサイトを検索上位から追い出すという手法です。これにより、ネットユーザーの目に触れる機会を減らします。

炎上への適切な対応を提案する

炎上後、企業として誤った対応をしてしまうと、信頼の失墜を招き、業績にも影を落とす可能性があります。炎上を起こさないことが一番ですが、起きてしまったのなら速やかに次にとるべき行動に移りたいところです。

専門業者は、ダメージを最小限に留めるためのさまざまな対応を提案してくれます。謝罪文の作成やWebでの広報、場合によっては記者会見の手配など、適切な対応を迅速に行うことで、直ちに状況の沈静化を図りましょう。

火消し業者を選ぶポイント

炎上回避や対策の重要性を認識する企業が増加したことで、多くの火消し専門業者が誕生しました。それに伴い、料金だけを取って、実質何をしているか分からないような悪徳業者も存在します。ここでは、数ある中から火消し業者を選ぶときのポイントを解説します。

Customer review satisfaction feedback survey concept.

サービスの内容

業者により、提供しているサービスの内容は異なります。どのような対策をしてくれるのか、どこまでしてくれるのかなど、必ず事前に確認しましょう。

業者を選ぶときには、自社にとって必要なサービスを提供しているかどうかのチェックは欠かせません。そのためには、自社がどのようなサービスを必要としているかを明確にする必要があります。そのうえで多くの専門業者のなかから選択するといいでしょう。

費用対効果

同じようなサービス内容でも、業者によって費用が大きく変わることがあります。そのため、事前に業者のホームページで料金を確認する、見積もりをとるなど、費用面を確認することは大切です。

その際、費用対効果も重視したいポイントです。投じる費用に応じた効果を得られるのか、予算を考慮しつつ検討しましょう。

検知するまで速さ

炎上に発展するまでのスピードはさまざまで、ネガティブな投稿から間を空けずに炎上してしまうケースもあります。そのため、問題を検知するスピードは業者を選ぶうえで重要なポイントです。

業者や提供しているサービスの内容により、監視の頻度や精度は異なります。スピーディな対策に強みをもつ業者なら、なお安心です。

炎上の火消しならオンライン評判管理対策がおすすめ

オンライン評判管理対策は、株式会社エフェクチュアルが提供しているサービスです。同社は、WEBリスクマネジメント専門メディア「SORILa」を運営しており、著名な大企業にもWebリスク解決サービスを提供してきた実績があります。

オンライン評判管理対策では、逆SEOによる上位表示防止をはじめ、特定キーワードの検知、アラート通知などのサービスを利用できます。これらにより、誹謗中傷による売上減少や風評被害による株価低下など、企業が懸念するさまざまなリスクの対策が可能です。

さらにWebリスクの専門コンサルタントが対応にあたるため、どんな事案でも安心して任せられます。解決実績700社以上と、たしかな実績があるのも同社の強みです。サービスについて詳しく知りたい方は、以下のURLからアクセスしてください。

オンライン評判管理対策

炎上対策をせず放置してしまうと、さまざまなリスクを招くおそれがあります。火消し業者の活用も視野に入れ、早急にリスクの軽減を図りましょう。

まとめ

ネット炎上により企業が受けるダメージは、決して小さなものではありません。どんな些細な投稿でもそれがネガティブなものなら、適切な対策を施すことが重要です。ただし、専門知識がないのなら、自社でできることは限られます。そんなときは専門業者の力を借りて適切な対策を行いましょう。

業者を選ぶときは、サービスの内容や費用対効果、検知するまでの速さなどを比較したうえで選ぶことが大切です。本記事でご紹介したオンライン評判管理対策は、専門家による実績がたしかなサービスであるため、ぜひ選択肢に加えてみましょう。

この記事を書いた人

SORILa編集部

Webリスクマネジメント専門メディア『SORILa』編集部です。 株式会社エフェクチュアルのWebリスク専門コンサルタントが執筆しております。


SORILa編集部の他の記事

サービスを詳しく知りたい方はこちら

資料請求 お問い合わせはこちら